Caution Icy

Lyric Masaya Mifune

Music tuLaLa

硬く硬く 結ばれていた
長い糸を ほどいてゆく
薄い氷 頬を寄せて
陽の光を 透かしてみて

箒星 街の明かり
遠い星の話をして
黒いまなこの中にある
銀河たちに 名前をつけた

目にも止まらない速さで
ゆっくりと 僕ら踊る

 

気をつけて  転ばないようにと
僕はあれほど あれほど言ったのに
どうしてだろう 君たちは
相変わらず 相変わらず 転げ回って

可笑しいんだ


ヘッドライトに照らされた
数メートルの先の道
でも不思議と 怖くはない
君の顔は 見えないのに

 

鉛のように 光ってる
厚い厚い  氷の上
行けるとこまで 行ってしまおう
そのさきが 見たいから

目にも止まらない速さで
ゆっくりと 僕ら踊る

足元にご用心

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Spotifyは - ホワイト丸
  • SoundCloudが - グレーサークル

             Chameleon Label  2018 © tuLaLa